仕事で顔汗をかいて、患者さんから指摘を受けたこと

看護師のイメージ

私は看護師をしています。現在は訪問看護ステーションで仕事をしています。

冬の時期には、それほど顔汗に悩まされることは少ないですが、4月ごろから顔汗に悩むようになってきました。そのきっかけは、患者様の一言です。その人は、「看護師さん、汗ふいてよ」と言われたこと。

訪問看護をしていると、その患者さんの自宅にうかがうので、4月というと寒い部屋もありますが、まだまだ暖房をガンガンきかせて温かい家もあるのですね。私たちは、いろいろなケアをするので、その部屋がとても暑く感じることがあるのです。

しかしこれから更衣をしようという場合は、寒いかもしれませんから、暖房を切る訳にもいきません。私たちは、患者さんに合わせなくてはいけないのですが、そういう時に限って、顔汗が噴き出てしまうことがあるのです。

例えば、着替えなどならまだそれほど力を必要としないので、いいのですが、一番困るのは、患者さんのリハビリをする時。患者さんの足を持ち上げたり回したりすることがあります。その際に力を入れて行うことが多いので、リハビリを行う始めて数分で汗が吹き出してしまうことがあります。

タオル持参で患者さんの自宅を訪問しますが、おでこにタオルを巻いておくわけにもいかず…。一応首にタオルを巻いて襟元に入れておくようにしますが、リハビリ中におでこや頬を汗が伝うのです。

その汗が患者さんの布団や服につくと失礼なので、早めに汗を拭こうと思うと、リハビリをしている手がとまることになります。かといってそのままにしていると、汗が流れてしまう。その繰り返しで、顔汗に困っています。

一度は、流れる顔汗が目にはいってしまい、それがしみて目が開けられず、リハビリを中断したこともあります。基本的に仕事中は化粧はあまり濃くはしません。しかしアイブローやファンデなどの成分も汗で流れて目に入ってしまったのかもしれません。そのせいで目にしみてしまったのでしょう。

その時には、患者さんに「看護師さん大丈夫?休憩入れようか?」など反対に心配をされるほど。また一度は、少し綺麗好きなお宅に伺った時に、汗を拭いた手で、触って欲しくないといわれてしまったこともあります。その際は、手を洗い直してもう一度リハビリを再開したのですが…。

このように普段の生活では顔汗をそれほど意識したことはなかったけれど、仕事で力が入ると顔汗が以上に出てしまうことがあり、悩んでいます。気温、室温、運動量などももちろん関係はありますが、それ以上に今は心理的なことも絡んでいるのではないかと考えます。

看護師が汗をかいて一生懸命ケアやリハビリをしている姿を見て、納得する患者さんもいれば、反対に清潔感のある看護師でなければ嫌だという患者さんもいます。そのため顔汗が噴き出ることは出来るだけ避けたいことだと思いながら仕事を続けています。

現在出来る対策としては、やはり仕事中は、あまり水分を取らないということでしょうか。それでも汗は自分ではなかなかコントロールできないことですね。また体ならまだしも顔という誰からも見えるところに汗をかくと、より緊張して汗が噴き出てしまうこともあるほど、精神的な影響を受けると感じています。

別の看護師も同じように顔汗に悩み、いろいろな方法を取っていますが、これまでに顔汗が抑えられたという劇的な方法はありません。しかし患者さんに指摘されることもあるので、早急に顔汗の対処をしたいというのもまた事実。医療者の私たちですら困っている顔汗。何か良い方法があればいろいろ実践していきたいなと思っています。またこれから暑い夏が近づいてくるので、もっと顔汗に対して早急に対策を取っていかなければいけないと感じています。

今はこちらのサイトを参考にしています。皆さんもよければぜひ。

http://xn--ebkua6591bsze88azv057u.biz/

シミの原因と対策~プラセンタがシミに効果的な理由

シミができてしまう原因は基本的には、メラニン色素が大量に生成されてしまうことです。さらにその原因を掘り下げると、紫外線などによる日焼けによるもの、ニキビなどの炎症によるもの、ストレスによるものなど、様々な原因があります。

シミ

対策方法はそれぞれによっていずれも異なります。先ほど例に挙げた3つの原因についてご説明致しますと、まず紫外線に対してはそれに対応した化粧品などで対策を行ったり、日傘なども有効な対策方法の1つです。

次のニキビなどの炎症による場合は、ニキビがそもそもできないようにすることも大事なことですが、もしできてしまった場合は、早めに対処しましょう。ひっかいたりするとシミだけでなく、クレーターなどの原因にもなってしまいます。

3つめのストレスによる場合は、ストレスによりホルモンバランスが乱れてしまうことによって、シミができてしまうというものです。これはどのようなことがストレスになってしまっているかにもよりますが、日ごろから何らかの形でストレスを発散したり、ストレスを溜めないようにすることが大事です。

(お風呂にゆっくりつかるのもストレス発散になっていいですよ♪)

お風呂

上記3つは一般的なシミ対策の方法ですが、この他にも対策方法はまだあります。中でも注目なのが、プラセンタによるシミ対策です。

プラセンタはあらゆるお肌の悩みに対して有用な効果が指摘されていますが、シミ対策でも採り上げられています。なぜプラセンタが有用なのかと言いますと、プラセンタにはお肌の細胞を活性化する効果があり、それがメラニン色素をお肌に溜めることなく、排出を促していくからです。

プラセンタはサプリメントなどでも摂取可能ですが、プラセンタが含まれた化粧品なども、シミ対策として販売されているものが数多くあります。今までプラセンタにあまり注目されていなかった方は、是非これを機にお試しください。

↓以下、どのプラセンタを選べば良いか分からないという声が多かったので追記しました↓

馬プラセンタと豚プラセンタの違いは?どちらを選択すべきか?

胎盤エキスであるプラセンタ、通常では豚プラセンタが多く使われていますが、近年では馬プラセンタも増えてきているようです。

馬

豚の方が家畜としての絶対数が多い為にそうなっており、馬プラセンタは希少価値が高そうですが、利用する際の効果はどうなんでしょうか。

値段の話で言えば、希少価値と言うと高くつきそうです。
実際、豚より馬の方が多少割高ですが、希少価値に見合った効果が馬プラセンタにはあるのか、或いは豚の方がコストパフォーマンスに優れているのか、比べてみました。

比較してみると、成分の濃さ等では豚より馬の方に軍配が上がりますが、そこまで劇的な物ではありません。

アミノ酸を例に挙げてみると、馬の含有量は大体豚の1.2倍程です。
(参考url:http://xn--vcklm8gd8hl2e5429azm3ce1yf.com/)

ただ馬プラセンタには、豚には含まれていない必須アミノ酸が含まれている為、そこを考慮すると馬の方が良質なプラセンタ、と言えるかもしれません。それを希少価値や割高な値段に見合った物かどうか、自分の健康状態や財布と相談して、どちらを使うか決めるべきでしょう。

財布と相談するとなると当然価格の話になる訳ですが、先にも述べた通り、豚プラセンタは数の関係で安価に手に入り、馬プラセンタは多少割高です。
値段と言う点で言えば優れているのは豚一択となります。サプリメントと言うのは、一度の栄養価の高さより、長く続けてなんぼなので、多少と言えども割高と言うのは続かない事もあるのでは無いでしょうか。

豚
例え効果がありそうでも懐事情で続かない可能性がある馬よりも、安価で続け易い豚、と言うのも選択肢に入ると思います。

結論としてどちらを選べば良いのかは、ぶっちゃけて言えば「好きな方を使いましょう」です。
いくら効果が云々と言っても、信頼できないような物を使って不安になってしまう様では健康に良くないでしょうし、本末転倒です。

結局、自分の体と生活に合わせて続ける事が大事と言う結論になりますので、続けられそうな方を選べば問題ありません。馬でも豚でも、自分が信頼できるプラセンタを選択すると言うのが一番大事なのです。

体の内と外からアプローチして美肌を作る!

30代に突入してから、やはり肌も体力も衰えていくものだなと実感しました。

一番実感したのは、顔に出来るニキビや吹き出物の治りがとにかく遅いことです。
遅いどころか、ひどいとそのまま跡になって残ってしまうこともあってすごく悩んでいた時期があったのです。

そんなとき、友人のオススメで出会ったのが野草タイプの酵素ドリンクです。

酵素ドリンクの評判の良さはテレビや雑誌で知っていたので、いつか試してみたいと思っていたので、試しで1本買ってみました。

飲んでしばらくすると、体がポカポカしてきて温かくなるのが分かりました。代謝が上がっているのが体感で分かり、かなりビックリしたことを覚えています。

代謝が上がると、肩こりの緩和や便秘の解消など、いい変化が体に起こり始めたんですね。
それも1日でその変化に気付いたので、これは期待出来るなと思いました。

そして酵素ドリンクを飲み出して1ヶ月もしないうちに、あんなに悩んでいたニキビが全く出来ていないことに気がつきました。

しかもフェイスラインにボコボコと出来ていた白ニキビも、いつの間にかキレイに消えていたんです。肌に弾力も出てきたようで、プルプルした手触りにも感動しました。

体の代謝が上がるだけで、これだけのいい効果があるとは知らなかったですし、体の内からケアすることの大切さを知りました。それ以来、ほぼ毎日酵素ドリンクを飲んでいますが、肌荒れには悩まなくなりました。

たまにポツンと出来るニキビも、3日ほどすると小さくなって消えてくれます。

そして外からのケアとして欠かせないスキンケア。

ですが、酵素のおかげでとにかく肌の調子がいいため、さほど力は入れていないんですね。

それでも「保湿」は年中気にしているので、フェイスパックはなるべく毎日しています。

安い大容量のパックですが、これのおかげで肌が乾燥することはなくなりました。

紫外線対策として美白効果のあるパックを使っているのですが、肌がワントーン明るくなって白くなったように思います。

体の内と外からケアすることで、これからも美肌作りを続けていきたいと思っています。